イラストレーターの解説と制作前の基本的な設定や操作方法

2018年11月15日

イラストレーターの解説と制作前の基本的な設定や操作方法

 

みなさんは、イラストレーター(Illustrator)というアドビシステムズのデザインデータ制作用ソフトをご存知でしょうか?

ここでは、イラストレーター(Illustrator)の解説や基本的な操作方法などを説明文や図解を交えて説明していきたいと思います。

 

 

イラストレーター(Illustrator)とは?

イラストレーター(Illustrator)とは、グラフィックデザインデータを制作することができるシステムソフトのことです。

印刷会社や広告代理店、専門学校などの企業や学校の教材などで使われることが多かったですが、今では家電量販店などで一般の方でも月額で購入できる身近なものになってきています。

家電量販店のパソコン売り場などで見かけた方もいるのではないでしょうか?

 

 

イラストレーター(Illustrator)でできること

そもそもイラストレーター(Illustrator)で出来ることとはなんなのか。

先にも書きましたが、イラストレーター(Illustrator)ではグラフィックデザインデータを制作するためのシステムソフトです。

グラフィックデザインデータを例にあげますと・・・ 

・チラシ広告物

・デジタルアート作品

・WEB用の画像素材(バナー)

・看板等の広告物

・各種事務印刷商品

などなど、他にもいろいろありますが、いわゆる印刷会社や広告代理店などで取り扱っている商品や媒体のデザインデータを制作できるソフトがイラストレーター(Illustrator)です。

写真画像の編集や修正ができる同じアドビシステムズの「フォトショップ(Photoshop)」などがありますが、デザインデータを制作するうえでイラストレーター(Illustrator)は必要不可欠なソフトです。

 

 

イラストレーター(Illustrator)は描画ツールで制作する 

基本的にイラストレーター(Illustrator)では、描画ツールという機能を使用し様々な線を描くことで、デジタルならではの美しい表現を制作することができます。

 

例えば下の画像、

 

 

画像のような曲線やグラデーションもイラストレーター(Illustrator)の描画ツールを使用し制作することができます。

 

上のグラデーション画像で描画された線を全て選択すると、

 

 

グラデーション部分に青い線が表示されますが、これは全て描画ツールの機能を使って制作された線です。

 

更に拡大しますと、

 

 

のように、グラデーション画像が描画ツールで描かれた線で細かく組み合わさっていることが分かります。

この線のことをイラストレーター(Illustrator)内で、ベジェ曲線と呼びます。

このベジェ曲線を正しく理解し使いこなさなければイラストレーター(Illustrator)で様々な表現のデザインデータを制作することが非常に困難なものとなります。

よくイラストレーター(Illustrator)のソフトは持っているものの、使い方がいまいち分からないや、取っつきにくいなどといった話を聞きますが、このベジェ曲線が分からなければイラストレーター(Illustrator)を使いこなすことは難しいです。

 

 

ベジェ曲線とは?

イラストレーター(Illustrator)のベジェ曲線は、自動車メーカーで有名なルノー社の技術者であるBezier氏が考案した、4つの点で曲線のカーブを調整するという方式で表現された曲線のことを指します。

 

図解を使って解説してきます。

 

 

まず、図1で直線が描かれていますが、線の両端に四角形の点が表示されています。これはアンカーポイントと呼ばれており、この表示が線の端であることを表しています。

ベジェ曲線では、2つのアンカーポイントを結ぶことで線を表示しているのです。

線の黒い部分は、イラストレーター(Illustrator)上で線の色と幅を指定して表現された線分で、実際に出力する際に表現される部分となります。線の色と幅は別の機能で変更することができます。

線の水色の部分は、ベジェ曲線で描かれた基本の線を表しており、これをセグメントと呼びます。

セグメントは初期設定では水色の線で表現されていますが、イラストレーター(Illustrator)の設定で線の色を変更することができます。

 

次に、

 

 

図2で曲線が描かれていますが、両端のアンカーポイントからそれぞれセグメントと同色の線が伸びていることが分かります。

この線を方向線といい、方向線の先端にある点を方向点と呼びます。

ベジェ曲線では、この方向点とアンカーポイントの位置によって、表示される曲線を計算し描き出される仕組みとなっています。

図2のベジェ曲線の方向点だけを動かすと図3のような曲線で表示されます。

方向点の動かし方次第で曲線が再計算され描き直されているのです。

イラストレーター(Illustrator)では、このベジェ曲線を描画ツールで描き出し組み合わせることで、さまざまなデザインデータを作り上げていくことができるのです。

 

 

 

デザインデータ制作前の基本的な設定や操作方法

イラストレーター(Illustrator)でデザインデータを制作する前にも、覚えておきたい基本的な設定や操作があります。

イラストレーター(Illustrator)では、環境の設定や操作を細かく変更させることができますが、ここでは覚えておきたい基本的な設定や操作の方法を解説していきます。

 

 

アートボード(新規書類)を表示させるには

イラストレーター(Illustrator)でデザインデータを制作するには、アートボード(新規書類)を表示させる必要があります。

描画ツールを筆と例えるならば、筆を使って絵を描くためのキャンバスを準備するといった感じです。

 

まず、イラストレーターのソフトを起動すると、

 

 

上の画面が表示され、これがイラストレーター(Illustrator)起動時の初期画面となります。

初期画面にツールパネルツールボックスというデータを作成するうえでの必要な機能が表示されていますが、アートボード(新規書類)を表示後に使えるようになります。

 

次に、

 

 

メニューバーのファイル①をクリックします。

 

次に、

 

 

項目の新規②をクリックします。

 

すると、

 

 

 

上の図のような新規書類のウィンドウ画面が表示されます。

イラストレーター(Illustrator)のバージョンによっては、アートボードの設定と表示されたりしますが、同じアートボード(新規書類)の編集ができます。

 

最後に、

 

 

新規書類での設定が完了しましたら、OK③をクリックします。

 

すると、

 

 

上の画面のように、新規書類画面で設定したサイズでアートボード(新規書類)が表示されます。

この表示されたアートボード(新規書類)に描画ツールを使ってデザインデータを制作していくことで、様々なデータを制作することができます。

 

 

アートボード(新規書類)ウィンドウ画面について

イラストレーター(Illustrator)のアートボード(新規書類)の表示方法の手順に、新規書類ウィンドウ画面の設定がありますが、画面の項目を簡単に図解と説明でまとめてみました。

制作するデザインデータのサイズや用途に応じてアートボード(新規書類)を設定する画面ですので、項目の名称を理解し表示させる仕様を選択してください。

 

 

名前(A)・・・ファイル名を直接入力して任意で設定できます。

サイズ(B)・・・新規書類のアートボード(データ作成のキャンバス)のサイズを設定できます。 基本的にA4やA3など定型のサイズで設定できますが、自分でサイズを決めたい場合は[B-1]の幅と高さに直接サイズ数値を入力することで任意のサイズで設定できます。 また、用紙の方向も[B-2]の選択項目で縦型と横型を選択できます。

単位(C)・・・新規書類で表示される長さの単位を設定できます。(この設定は作成するデータの用途によって変更します)

カラーモード(D)・・・選択の中で「CMYKカラー」と「RGBカラー」の2種類からいずれかを選択できますが、チラシ広告など作成したデータを印刷する場合は「CMYKカラー」を、WEB用素材やバナーなどディスプレイやブラウザ上に表示されるものを作成する場合は「RGBカラー」を選択します。

カラーモードでは、作成するデータの用途で必ずどちらかを選択するようにしてください。

よくカラーモードで、色はどちらも同じだからどっちを選んでも一緒じゃないの、という話を聞きますが、カラーモードを設定する意味を理解していないと、のちのちに困る事になります。

 

 

カラーモードCMYKカラーとRGBカラーの違い

イラストレーター(Illustrator)で制作したデザインデータを印刷することを前提とする場合は、カラーモードをCMYKに設定します。

Cはシアン、Mはマゼンタ、Yはイエロー、Kはブラックの事です。

なぜ、印刷をする場合CMYKに設定をするかといいますと、紙等への印刷の際にはCMYKの4色のインクを使って行うからです。

家庭用プリンターのインクカートリッジを想像して頂くとイメージしやすいかと思います。

CMYKの4色を使用し、色の掛け合わせや濃淡を行うことで様々なカラーを表現することが可能なのです。

一方で、WEB用素材やバナーなどディスプレイやブラウザ上に表示されるものを制作する場合はRGBを選択します。

Rはレッド、Gはグリーン、Bはブルーの事です。(光の3原色です)

ディスプレイで表示される色はこの3原色を使用しているので、カラーモードをRGBに設定する必要があります。

もしRGBカラーで印刷する用途のデータを作成すると、印刷した際にディスプレイで表示された色と印刷した色が違ったり、ネットプリントでデータを入稿した際に場合によっては印刷を受けてくれない場合があるので注意が必要です。

逆にCMYKカラーでWEB用の素材などを作成した場合もまた然りということとなります。

 

 

アートボード(新規書類)データを保存するには

イラストレーター(Illustrator)のアートボード(新規書類)上に制作したデザインデータを保存するにはどうすればよいか。

ここでは、アートボード(新規書類)データを保存する方法を解説します。

 

まず、初めに、

 

 

メニューバーのファイル①をクリックします。

 

続いて、

 

 

項目の保存or別名で保存or複製を保存②をクリックします。

新規で書類を保存する場合や既存のデータに上書きして保存する場合は「保存」を、既存のデータを修正したあと別のデータファイルとして保存したい場合は「別名で保存」を、既存のデータを開いた時にそのデータをコピー(複製)したファイルを保存したい場合は「複製を保存」をクリックします。

保存をするファイルの用途によって、保存方法を選択することができますので、目的に合わせて保存の方法を選んでください。

 

クリックすると、

 

 

操作後に表示されるウィンドウ画面の「データの保存場所」・「データのファイル名」・「保存するデータの種類」を任意で設定、選択し保存③をクリックします。

 

後に、

 

 

「ファイルの種類」で選択した各種類形式別の「Illustrator形式オプション」画面が表示されるので、必要な項目を任意で選択し、OK④をクリックすると、作成したデータファイルを保存することができます。

 

 

データ保存時のウィンドウ画面について

イラストレーター(Illustrator)でのファイルをデータ保存する際に、下のようなウィンドウ画面が表示されます。

上書き保存の場合は表示されませんが、その他の保存時には表示されるので、ウィンドウ画面の各項目を解説していきます。

 

 

保存する場所(A)・・・保存するデータをPC上のどこへ保存するかを任意で選択することができます。

ファイル名(B)・・・保存するデータのファイル名を任意で入力することができます。

ファイルの種類(C)・・・保存するデータの種類(形式)を任意で選択することができます。

データ保存時のウィンドウ画面で、ファイルの種類を選択した際の形式別に下の画面のようなファイルの種類(形式)別の各種オプション画面が表示されます。

 

 

それぞれの各形式別に選択することができるので、データの用途に応じて保存するデータの種類(形式)を変更してください。

必要な場合は任意で設定してもらっても大丈夫ですが、基本的にデフォルトでOKをクリックしてもらっても大丈夫です。

 

 

アートボード(新規書類)上への画像データの配置するには

イラストレーター(Illustrator)でデザインデータを制作してる際に、特に広告物ではデザインデータに写真画像を配置したい場合があるかと思います。

ここでは、デザインデータを制作したアートボード(新規書類)上に、画像データを配置させる方法を解説します。

 

まず、

 

 

メニューバーのファイル①をクリックします。

 

次に、

 

 

項目の配置②をクリックします。

 

そうしますと、

 

 

画像配置のウィンドウ画面が表示されるので配置する画像データを任意で選択し配置③をクリックします。

 

すると、

 

 

選択した画像データが新規書類内に配置④することができます。

 

 

画像配置ウィンドウ画面の項目について

イラストレーター(Illustrator)のアートボード(新規書類)上に画像データを配置する際に、下のような画像配置のウィンドウ画面が表示されます。

 

 

ファイルの場所(A)・・・ 配置する画像データが保存されているファイルを任意で選択することができます。

選択したファイルの場所内にあるファイルデータ一覧 (B)・・・選択したファイルの場所にあるファイルデータの一覧が表示されます。 ※配置するデータを選択(クリック)すると、ファイル名に選択したデータが反映されるので、一覧から選択する方が便利かと思います。

ファイル名(C)・・・ 配置するデータのファイル名を任意で入力することができます。

ファイルの種類(D)・・・ 配置するデータの種類(形式)を任意で選択することができます。

 

 

画像データをコピーしてアートボード(新規書類)にペースト(貼り付け)する方法

イラストレーター(Illustrator)のアートボード(新規書類)上に画像データを配置するには、上記の手順以外にも方法があります。

画像データをコピーしてアートボード(新規書類)にペーストする、通称コピペと呼ばれる作業です。

 

まず、

 

 

配置する画像データを開いて、メニュー内のコピー①をクリックします。

基本的に配置したい画像データをダブルクリックすれば開きます。

画像データを開いた状態でショートカットキー([Windowsの場合]Ctrlキー+C・[Macの場合]Commandキー+C)でもコピーすることは可能です。

 

次に、

 

 

コピー後、イラストレーター(Illustrator)のメニューバーの編集②をクリックします。

 

最後に、

 

 

編集項目のペースト③をクリックします。

イラストレーター(Illustrator)を開いた状態で、ショートカットキー([Windowsの場合]Ctrlキー+V・[Macの場合]Commandキー+V)でもペーストすることは可能です。

 

すると、

 

 

コピーした画像データがアートボード(新規書類)上に配置④されます。 

イラストレーター(Illustrator)でデータを作成する際には、イメージ等で画像データを使用する機会が多くなるかと思いますので、基礎知識として覚えておいてください。

 

 

アートボード(新規書類)サイズを変更するには

アートボード(新規書類)を表示させた後にサイズを変更させたい場合の解説です。

デザインデータを制作している家庭で、アートボード(新規書類)を大きくしたかったり小さくしたかったりしたい場合にご参照ください。

 

そもそも、表示しているアートボード(新規書類)には2種類の枠線が存在しています。

 

 

【A】設定したアートボード(新規書類)のサイズを表す線で、A3縦で設定した場合この線のサイズ比はA3縦のサイズとなります。

【B】設定したアートボード(新規書類)サイズの印刷可能範囲を表す線で、この線より外側にはみ出して作成されたデータや文字は、設定しているプリンターで出力した際に出力できません。

設定しているプリンターで出力する際は、必ず【B】の線よりも内側でデータや文字を配置するようにして下さい。

イラストレーター(Illustrator)のバージョンによっては、【A】のみが表示されているものもありますが、アートボード(新規書類)のデータ上では基本的にこのような設定になっています。

今回は一例として、アートボード(新規書類)新規作成時にA3縦サイズにて表示させたものを、A4横サイズに変更する内容で解説します。

 

まず初めに、

 

 

メニューバーのファイル①をクリックします。

 

次に、

 

 

項目の書類設定②をクリックします。

 

すると、

 

 

上の図のような書類設定画面が表示されるので、「用紙設定を使用」にチェックを入れて用紙設定③をクリックします。

 

そうしますと、

 

 

上の図のような用紙設定画面が表示されます。

ここでサイズ変更に必要な項目を設定しOK④をクリックします。

 

ると、

 

 

先程の書類設定画面に戻ります。

「用紙設定を使用」にチェックを入れていると、用紙設定で画面で設定した内容が書類設定に反映されていますので、このままOK⑤をクリックします。

 

そうしますと、

 

 

上のように、アートボード(新規書類)が設定した内容で表示され、書類サイズと用紙サイズの枠が正しく設定されていれば、アートボード(新規書類)サイズの設定は完了です。

書類設定の枠内に用紙設定の枠が天地左右と均等に配置されていれば大丈夫です。

項目の最初にアートボード(新規書類)には2種類の枠線があると説明しましたが、【A】は書類設定【B】は用紙設定で変更ができることを覚えておいてください。

 

なお、ここで解説した内容はイラストレーター(Illustrator)のバージョン10で説明をしています。

CS以降の新しいバージョンですと、アートボード設定ツールが新しく追加されていますので、設定自体は非常にシンプルなものになっています。

バージョン10以前のものをお使いの場合は、アートボードツールが追加される前かと思いますので参考にしてみてください。

 

 

書類設定画面の項目について

アートボード(新規書類)サイズの変更時に出てくる書類設定画面の項目解説です。

 

 

サイズ(A)・・・ アートボード(新規書類)のサイズを選択する項目です。 もし、アートボード(新規書類)サイズをカスタムサイズ(任意のサイズ)で設定したい場合は、(B)の幅と高さの項目で直接数値を入力して下さい。

単位 (C)・・・アートボード(新規書類)サイズを表す際の数値の単位を変更できる項目です。

※変更の必要がなければ、設定する必要はありません。使いやすい単位で設定してください。

アートボードの向き (D)・・・アートボード(新規書類)の向きを選択する項目です。定形サイズでアートボード(新規書類)を変更する場合は、向きを指定することができます。

ただし、ここで(A)~(D)の項目を設定する必要はありません。

用紙設定を使用 (E)・・・アートボード(新規書類)を変更する場合は、用紙設定を使用のチェックボックスが表示されていれば必ずチェックを入れて下さい。

 

 

「用紙設定を使用」にチェックがない、又は書類設定画面で設定した場合

アートボード(新規書類)サイズの変更時に出てくる書類設定画面で「用紙設定を使用」にチェックを入れずに又は書類設定画面だけでアートボード(新規書類)を設定すると、次のようなアートボード(新規書類)が表示されます。

 

 

アートボード(新規書類)サイズを表す枠はA4サイズに設定されているのに対し、印刷範囲を表す枠はA4サイズに設定されていないことが分かります。

これは、用紙設定でサイズを設定していないために起こるもので、書類サイズと用紙サイズが合っていないことを示しています。

このような状態ですと、データをプリントするときに印刷位置が違うなどの不具合が起こる場合があるので、書類サイズと用紙サイズは揃えて設定するようにしましょう。

 

 

用紙設定画面の項目について

アートボード(新規書類)サイズの変更時に出てくる用紙設定画面の項目解説です。

 

 

サイズ (A)・・・用紙サイズを選択する項目です。 もしも、アートボードサイズをカスタムサイズ(任意のサイズ)で設定したい場合は、(B)のプロパティでお使いのプリンターごとに設定して下さい。

アートボードの向き(C)・・・ 用紙の向きを選択する項目です。定形サイズで用紙サイズを変更する場合は、向きを指定することができます。

給紙方法(D)・・・ 設定されているプリンターで印刷をする際の給紙方法を選択できる項目です。

※変更の必要がなければ、設定する必要はありません。任意で設定してください。

 

 

 

まとめ

イラストレーター(Illustrator)では、描画ツールを使用してベジェ曲線を描画することで様々なデジタルグラフィックのデザインデータを制作することができます。

今回制作前の基本的な操作で、アートボード(新規書類)の表示、保存、サイズ変更、そして画像データの配置を解説してきましたが、他にも様々な機能がイラストレーター(Illustrator)にはあります。

ですが、本記事で解説した項目を読んでもらえれば、普段イラストレーター(Illustrator)を使う分には十分かなと思います。

みなさんも是非イラストレーター(Illustrator)を使ってみてください。